ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

毎日ジャニーズに関するニュース・記事・視聴率等を10~15記事更新しています。 何かありましたらメールフォームから連絡ください。

2017年の紅白歌合戦の司会はV6井ノ原ではなくSMAP中居になりそう!?

2017年の紅白歌合戦の司会はV6井ノ原ではなくSMAP中居になりそう!?

8月となり、徐々に芸能界は年末に向けての準備を進め始めている。中でも、紅白歌合戦はそろそろ出演者の選考を始める時期に入っているとか。

「今年の注目は、紅白卒業宣言したももいろクローバーZを再度、紅白の舞台へ引っ張り出せるかです。メンバーである百田夏菜子が朝ドラ『べっぴんさん』へ出演し、高評価を得ました。今年の年末もすでにファンイベント開催が決定しているというももクロですが、中継でもいいので出演して欲しいと打診を始めているようです」(民放関係者談)

近年は低視聴率ばかりが取り沙汰される紅白。ももクロ以外にも目玉となる出演者はいるのか?

「例年と同じく、安室奈美恵や中島みゆきなど、紅白になかなか出場しないアーティストには早々に打診をしているものの、やはり良い返事はもらえていないようです。ONE OK ROCKやBABYMETALなど、若者に絶大な人気を誇るアーティストにも声をかけているようですね。

また、今年は小室哲哉や25周年プロジェクト中のTRF、浜崎あゆみなどが所属先のavexから売り込みがあったようです。その他には、久しぶりに再結成をしたKICK THE CAN CREWや、ここ数年大いに注目を集めている尾崎豊の息子である尾崎裕哉、さらに山口百恵の息子である三浦祐太朗は企画物で出演が内定しているそうです」(音楽関係者談)

出演者には早い段階から声かけがあり、ほとんど10月頃には内定が決まるといわれているが、毎年もっとも注目を集めるのが司会者だろう。国民的な関心事でもあるため、司会者だけは密な打ち合わせをして調整をするのだが、今年の男性司会者はほぼ決定しているとか。

SMAP中居正広です。今年は、『あさイチ』が相変わらず調子のいい井ノ原快彦が最有力候補と囁かれていたのですが、中居正広の方向ですでに調整が始まっているといいます。通常、司会者はこれほど早々に決定することはないのですが、中居正広でお願いしたいという打診を、NHK側からすでにジャニーズ事務所へ行っていると聞きます。

中居の司会は目新しくはないですが、SMAP解散後の紅白出演、そして司会となれば注目度は抜群。本人はあまりノリ気ではないようですが、可愛がっているKis-My-Ft2を出演させるために、一肌脱ぐ可能性が高いともいわれています」(民放関係者談)

しかし、この中居正広の紅白司会には、民放各局から失笑が出る始末だとか。
「日テレは例年通り『笑ってはいけない』、フジは格闘技で調整をしている。テレ東は幾つかのバラエティーを合体させて生放送で年越しを検討、テレ朝は池上彰を使うとされ、TBSは掟破りで歌番組の計画もあると聞きます。

その中で、NHKが話題先行で中居に司会を頼むということは、企画で勝負をしないということになる。ここ最近は、紅白もプロデューサーが変わるなど方向転換を進めている。演歌歌手の紅白引退宣言や出場辞退もあり、いままでの紅白ではなくなってきています。しかも、視聴率も悪い。

広告を入れないNHKですが、実は民放以上に視聴率至上主義で、紅白は何よりも前年の視聴率を超えることを宿命付けられている。番組制作陣としては、失敗が許されない中で、少しでも視聴率が上がる方法を1年かけて模索しているところです。ただ、そもそも紅白がそんな低俗なワイドショーのような作り方でいいのかと、民放各局の関係者から糾弾を受けている」(民放関係者談)

日本で最も有名なテレビ番組である紅白歌合戦。その真価が問われる時が来ている。

 

2017年の紅白、内定司会者はイノッチではなくまさかのアノ人か!? 関係者が暴露「民放各社からは失笑も」|ニュース&エンタメ情報『Yomerumo』

 

この記事以外にも

ジャニーズに関する色々な記事を紹介しています。

朝ドラ復活の鍵となったのは、あさイチでのイノッチだった!? - ジャニーズ記事情報保管所

 

27時間テレビの放送内容大幅変更の背景にSMAP中居の存在!? - ジャニーズ記事情報保管所

 

johnnysinformation.hatenablog.com

 

johnnysinformation.hatenablog.com

 

他のジャニーズメンバーに関する記事も豊富にありますので

↓の関連記事カテゴリー人気記事等から

興味のある記事を探してみてはいかがでしょうか?

 

また下にある検索からでも

記事を探すことができますのでご自由にお使いください。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

少しでも

この記事を見たことがなかった。

内容を初めて知った。と思っていただいた方は是非読者登録シェア等を

よろしくお願いいたします。