ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

ジャニーズに関するニュース・記事を素早く正確に更新中。毎日5~10記事更新。

貴族探偵が不調なのは主演の相葉のせいではない!との声が業界内でも挙がる。

貴族探偵が不調なのは主演の相葉のせいではない!との声が業界内でも挙がる。

 嵐・相葉雅紀(34)主演の月9ドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系)5月15日放送回、第5話の平均視聴率が自己最低となる8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。出産後初のドラマ復帰を果たした加藤あい(34)をゲストに迎えた意欲回だったが結果は散々な数字に。豪華ゲストに頼っても視聴率が上がらないどころか下がってしまう現状に「月9終了か」と騒がれ、嵐ファンからも「相葉くんが可哀想」という声が上がる悲惨な状況となっている。

■『月9』終了の引き金に?「戦犯は相葉」に異論を唱える声も

「月9枠」の30周年を飾る同作は、貴族を名乗る謎の青年・貴族探偵(相葉)が使用人に推理をさせて本人は何もしないという異色のミステリー。だが、当初から「相葉くんの棒演技が酷い」「相葉くんがまったく貴族に見えない」「謎解きがイマイチ」などとネット上で酷評が相次いでいた。

 それでも初回は平均視聴率11.8%で二桁を死守し、第2話で8.3%と急落したものの第3話で9.1%とV字回復。第4話も8.9%とまずまずの数字だったのだが、再び「8%割れ」の危機となっている。

「嵐のメンバーが主演する月9ドラマとなれば、本来なら絶対に二桁はほしいところ。しかし近年はドラマの視聴率が軒並み下がり、最近は月9枠の視聴率が著しく低下しているので一桁でも仕方ない。とはいえ、8%という水準はギリギリ限界のライン。フジテレビは亀山千広社長(60)の退任が決定しており、このまま数字が下がり続ければ亀山社長とともに月9枠が同局から消えるのは確定的」(テレビ局関係者)

 この不振の最大の戦犯としてヤリ玉に上がってるのは主演を務める相葉だ。視聴者からは、「相葉くんの演技が酷すぎて見ていられない」「嵐が月9を終わらせる」といった声があり、相葉の俳優としての評価は下げ止まらない状況だ。その一方で嵐ファンからは「合ってない役をやらされて可哀想」「相葉くんだけ責めないで」といった悲痛な叫びも聞こえてくる。業界内にもそうした声に賛同する意見が多いという。

 ドラマ制作に関わるテレビ局関係者が語る。

「もともと相葉さんはジャニーズきっての庶民派で、どちらかといえばおバカキャラで人気というキャラクター。その彼に不遜な態度の貴族役をやらせることに無理があるし、知的なイメージが求められる推理ドラマも合っていない。近年のドラマ業界は先に主演クラスのスケジュールを押さえ、後からドラマの題材を決めるという流れになっているので、今回のようなチクハグなミスキャストが起きてしまう。また、相葉は主演なのに出番が非常に少なく、彼だけを『戦犯』とするのは不自然。まったく合わないキャラクターを押し付けられ、魅力に乏しいドラマに主演させられたという意味ではむしろ被害者なのかもしれません」

 特に自己最低視聴率となった第5話は二週にかけて殺人事件の謎を解いていくストーリーで解決編は次週になるため、いつも以上に相葉の出番が少なかった。共演者が豪華なこともあってネット上では「相葉を引っ込めれば視聴率が上がる」という意見もあったが、相葉が出ていようがいまいが視聴率は上がらず、低迷原因の根本は別のところにありそうだ。

「いつまで経っても『ジャニーズ頼み』から抜け出せず、国民的アイドルグループである嵐のメンバーを主演に据えさえすれば内容がどうであろうと視聴率が取れると思い込む……。そんな亀山社長に代表されるフジテレビの時代遅れの感覚が招いた惨状といえるでしょう。亀山社長の下で今年の『月9』はジャニーズ頼みに走り、夏クールは山下智久(32)主演の『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜』の第3シーズンが決定し、秋クールには元SMAPの木村拓哉(44)の登板が内定していた。しかし、新体制では亀山社長の方針の見直しが進んでおり、木村のドラマは白紙になったとも」(前出・テレビ局関係者)

 亀山体制から生まれ変わろうとしているフジテレビ。その合間のエアポケットのような時期に制作された『貴族探偵』は誰が主演だろうと失敗するような作品なのかもしれない。このまま数字が下がり続けて「月9の息の根を止めた」と騒がれ、相葉のイメージに深刻な傷がつくようなことにならなければいいが……。

https://netallica.yahoo.co.jp/news/20170517-59033011-dailynewsq

関連記事

johnnysinformation.hatenablog.com

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

是非読者登録・シェア等をよろしくお願いいたします。

読者登録は↓のボタンをクリック!