ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

毎日ジャニーズに関するニュース・記事・視聴率等を10~15記事更新しています。 何かありましたらメールフォームから連絡ください。

SMAP木村拓哉が『南極大陸』の例から学んだロケの不自然さとは!?

 

SMAP木村拓哉が『南極大陸』の例から学んだロケの不自然さとは!?

8月18日放送の『木村拓哉のWhat's UP SMAP!』(TOKYO FM系)で、キムタクが過酷なロケについて語っていた。

「『冬設定の夏ロケ』は、話にならないですから、本当に(笑)。もう、ダメダメ。本当、ダメ。『夏設定の冬ロケ』も、きついことはきついんですけど、ギリいけるんですよ」

 この厳しい「冬設定の夏ロケ」で、特に覚えているのは、『南極大陸』(TBS系)なんだとか。

「ニット帽とかかぶってるんですけど、もうみんな(汗で)ビショビショで(笑)。もう、あの設定はキツかったなぁ。うん、思い出しますね。あと、タートルネックのセーターとか着て、ツイードのジャケット着て。コーデュロイのものすごい暖かいパンツはいて、革靴はいて。
 で、犬を探しに行くシーンとか撮ったんですけど。あれ、もう、真夏で撮ってましたね」

 さらに、こう語っていた。

「もう、ワンカットごとに、メイクさんがそのダク汗を拭いてくれて。それでやってました。長いカットとか、『はい、カット』ってかかるまでが30秒くらいあるシーンだったりすると、後半はヤバイっていう(笑)。

 たれてくる汗が、できるだけカメラに映らないように動いてみたり、いろいろやりましたけど。いやあ、キツイね、あれは」

 一方、撮影の設定によっては、納得ができることもあるという。

「時代劇だったりすると、裸足になったり、ヒートテックなんて着てられないじゃないですか。だから、真冬の京都でも、時代設定が自分を納得させてくれるっていうか、なんか大丈夫ですね。
 その代わり、現代モノで冬設定で真夏のロケっていうのは、もう絶対にダメ。これ、禁止にして欲しいくらいですね(笑)」

 視聴者は完成したドラマしか見ないため、不自然さを感じないが、出演者たちには様々な苦労があるのだろう。

 

 

木村拓哉「禁止ロケ」は夏に撮影する冬ドラマ (SmartFLASH) - Yahoo!ニュース

 

合わせて読みたい関連記事

『検察側の罪人』は嵐・二宮とのダブル主演ではなくSMAP木村の一人主演か!? - ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

 

SMAP木村拓哉がファンに偽物に注意するよう呼びかける。 - ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

 

SMAP木村 報道された『検察側の罪人』の現場での嵐・二宮とのピリピリした関係を否定 - ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

 

johnnysinformation.hatenablog.com

 

 

他のジャニーズメンバーに関する記事も豊富にありますので

↓の関連記事カテゴリー人気記事等から

興味のある記事を探してみてはいかがでしょうか?

 

また下にある検索からでも

記事を探すことができますのでご自由にお使いください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

少しでも

この記事を見たことがなかった。

内容を初めて知った。と思っていただいた方は是非読者登録等を

よろしくお願いいたします。