ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

ジャニーズに関するニュース・記事を素早く正確に更新中。毎日5~10記事更新。

東山紀之に情報番組のキャスターを決意させたある大物女優のアドバイスとは!?

東山紀之に情報番組のキャスターを決意させたある大物女優のアドバイスとは!?

10月からテレビ朝日は毎週日曜日の朝に、情報番組『サンデーLIVE(仮)』をスタートさせるという。同局の“ニチアサ”といえば、長年、戦隊モノと仮面ライダーシリーズが定番だったが、それらの放送時間を変更するほどの気合の入れようだ。

「朝5時50分から8時半までの2時間40分という長丁場。そのメインキャスターを東山紀之が務めることが発表されました。裏番組には関口宏や中山秀征など、長年、情報番組で司会をこなしてきた人がずらりとそろう激戦区。キャスター未経験の東山がどこまで切り込めるか、見ものですね」(スポーツ紙記者)

 ジャニーズ所属のアイドルとして、近藤真彦とともに事務所を支えてきたヒガシ。今では嵐の櫻井翔やNEWSの小山慶一郎など、後輩たちがキャスター業に進出している中で、満を持しての参戦だ。

「東山はオファーがあったとき、生放送の司会ということに不安があったそうです。でも、“芸能界の母”と慕っていた森光子さんのアドバイスを思い出して受けたそうですよ」(芸能プロ関係者)

 森さんといえば、午後のワイドショー『3時のあなた』(フジテレビ系)の司会を'74年から14年間も続けてきた。彼女と親しかった舞台関係者は、当時の苦労を振り返る。

「森さんは『3時―』のとき、“どんなニュースでも、生放送だからピンとこないとダメ”と言って、朝起きてスポーツ紙を含めた新聞全紙と、その日発売のすべての週刊誌に目を通すのが日課でした」

 苦労はしたものの、情報番組の司会をしたことは女優業にもプラスになったという。

「東山さんと食事をしたとき芸能界の先輩として常々アドバイスしていました。“時代劇をしなさい”と言い『必殺仕事人』が決まったときは自分のことのように喜んでいました。そして“勉強になるから、情報番組の司会をしなさい”とも言ってました。彼はそれを思い出したんでしょうね」(前出・舞台関係者)

 だが、東山本人にも、“キャスター”という肩書にはひとかたならぬ思いがあるようだ。

「木村佳乃と結婚した'10年に、事務所はある民放局に東山を主演にしたキャスターものドラマのリメイク企画案を持ちかけた。しかし、局側は“イメージに合わない”“オリジナル版を大切にしたい”などの理由をつけ断ったんです。

 それに怒った事務所サイドは、その局のドラマに主演が決まっていたタレントを引き上げさせた。そのことは、彼に少なからずトラウマになっていたようで、'15年にドラマ『○○妻』(日本テレビ系)でキャスター役が来たときは喜んでいましたよ。それだけに、今回は役でない本物のキャスターで見返してやろうという思いは強いでしょうね」(テレビ局関係者)

 しかも、今回、決まった情報番組はライバル番組を意識しているようで「視聴率のよい情報番組のスタッフが参加します。朝8時からは他局の報道番組もかぶってくるので、内容自体もかなり真面目なものになるそうです」(芸能プロダクション幹部)とのこと。

 意外かもしれないが、東山は自伝本の中で差別への反対や殺人事件などに対し率直な意見を述べている。テレビでも同じように“ヒガシ節”を出せれば、名キャスターが誕生するかもしれない。

 

東山紀之、情報番組のキャスター就任を決意させた過去の“トラウマ”とは (週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース

 

この記事以外にも

ジャニーズに関する色々な記事を紹介しています。

 

 

他のジャニーズメンバーに関する記事も豊富にありますので

↓の関連記事カテゴリー人気記事等から

興味のある記事を探してみてはいかがでしょうか?

 

また下にある検索からでも

記事を探すことができますのでご自由にお使いください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

少しでも

この記事を見たことがなかった。

内容を初めて知った。と思っていただいた方は是非読者登録シェア等を

よろしくお願いいたします。