ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

ジャニーズに関するニュース・記事を素早く正確に更新中。毎日5~10記事更新。

東山紀之のキャスター就任に見るジャニーズ事務所の懐事情!

東山紀之のキャスター就任に見るジャニーズ事務所の懐事情!

 少年隊の東山紀之(50)が日曜朝の情報番組激戦区に殴り込みをかけると話題になっている。10月からテレビ朝日系が新たに立ち上げるニュース情報番組「サンデーLIVE(仮)」(日曜午前5時50分~)のメーンキャスターに抜擢されたのだ。

 裏番組はTBS系「サンデーモーニング」や日テレ系「シューイチ」という強力なラインアップがそろっていて、新番組が爆死する可能性も否定できない。しかし、それでもジャニーズが東山を新キャスターに推したのは、事務所ののっぴきならない事情があるという。

■「SMAP解散」のツケもジワリ

「これまでのジャニーズのアイドル戦略が、もはや通用しないことは事務所幹部も分かっているんです。各グループのコンサートやグッズの売り上げ、CDの販売額が目に見えて落ちている。最盛期は“1000億円市場”といわれていましたが、今やその規模は3分の1以下になったといわれています」(ジャニーズに詳しいライター)

 さらに、事務所の意地とプライドの問題だけで解散させてしまったSMAPのツケが徐々に表れ始めているという。

「なんだかんだ言っても、SMAPはファンクラブやコンサートなどで、数十億円の粗利があったんです。それがいまや0円。しかも嵐や関ジャニ∞らは、“ポストSMAP”にはまだまだ程遠い存在です」(前出のライター)

 そこで、事務所が新たに目を付けたのがキャスター路線だったというわけだ。すでに、嵐の桜井翔が日テレ系「NEWS ZERO」、NEWSの小山慶一郎が日テレ系「news every.」で成功。それまで冴えない存在だったV6の井ノ原快彦もNHK「あさイチ」で見事、復活した。TOKIOの国分太一もTBS系「ビビット」でキャスター業を続行中だ。

 ジャニーズとしては、今後も各局にキャスターを送りたい構えだが、今回の東山抜擢は、テレ朝とジャニーズの新たな“蜜月関係”の始まりだという声も上がっている。

「東山は近藤真彦と並んで、将来の事務所幹部候補です。今回のキャスティングは、テレ朝がジャニーズにあえて歩み寄った格好。昨年のSMAP解散騒動の際、早河洋テレビ朝日会長兼CEOが定例会見で、SMAPメンバーを擁護する発言を行った。それ以来、両者の関係はギクシャクしていた。しかし、これで“雪解け”となりそうなんです」(テレ朝関係者)

 さまざまな思惑が交錯する中、東山は朝の顔として定着できるのか。

 

東山紀之キャスター就任で見えたジャニーズの苦しい“懐事情” (日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

これ以外にも

ジャニーズに関する色々な記事を紹介していますので

もしお時間があれば

↓の関連記事カテゴリー人気記事等から

興味のある記事を探してみてはいかがでしょうか?

 

また下にある検索からでも

記事を探すことができますのでご自由にお使いください。