ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

ジャニーズに関するニュース・記事を素早く正確に更新中。毎日5~10記事更新。

SexyZone中島がジャニー社長をスタッフと勘違いしてしまう。。。

SexyZone中島がジャニー社長をスタッフと勘違いしてしまう。。。

6月28日に放送された「TOKIOカケル」(フジテレビ系)に、Sexy Zoneの中島健人(23)が出演。事務所オーディションで会ったジャニー喜多川社長(85)をスタッフと勘違いしていたことを明かし、TOKIOを共感させた。

 2008年にジャニーズ事務所に入所した中島。オーディションにはジャニー社長もいたが、最初はその人物がジャニー社長だと思っていなかったといい、「スタッフさんにラーメンに誘われて。そのスタッフさんに『ジャニーさんってどこですか?』って聞いたら、『僕だよ』って」と、本人直々に尋ねてしまったことを告白した。

 TOKIOメンバーは笑いながらも、「格好が普通だからね」(長瀬智也、38)、「普通のおじさんだもんね」(松岡昌宏、40)と中島の行動に納得。国分太一(42)が「なんで騙すんだろうね、1回。ジャニーさんって」と言い出すと、「あの人それ好きだよね」と松岡も共感した。作業着姿で掃除をしていたり、まるでスタッフのようにジュースを配っていたりと、ジャニー社長の“社長”を感じさせない振る舞いは、ジャニーズのなかでは“あるある”のようだ。国分によると「サプライズ好き」ということらしい。

 また、中島はジャニーズ入りしたきっかけについても告白。それはHey! Say! JUMPの山田涼介(24)の存在だったといい、「同い年の山田くんがHey! Say!7ってグループでデビューして。僕その時、普通の中学2年生だったんですけど、なんか感じちゃったんですよね。同い年がこんなにもたくさんのファンの人を笑顔にしてる瞬間を見て、『(ジャニーズに)行かなきゃ!』って」と、まるで呼び寄せられるようにしてジャニーズ入りを決めたことを語った。国分に「松岡タイプだね(笑)」とイジられると、中島は松岡とガッチリ握手を交わした。

 山田とは同い年ではあるが、「ほんとにまだまだ偶像崇拝。山田くんを初めて見た時の感動は忘れらなかった。ほんとにカッコ良くて」と、中島にとって山田は今でも憧れの存在。ときどきタメ語を交えたりもするが、基本は敬語で話していることを明かした。

 

セクゾン中島、ジャニー社長をスタッフと勘違い TOKIO「普通のおじさんだもんね」 (夕刊フジ) - Yahoo!ニュース

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

これ以外にも

ジャニーズに関する色々な記事を紹介していますので

もしお時間があれば

↓の関連記事カテゴリー人気記事等から

興味のある記事を探してみてはいかがでしょうか?

 

また下にある検索からでも

記事を探すことができますのでご自由にお使いください。