ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

毎日ジャニーズに関するニュース・記事・視聴率等を10~15記事更新しています。 何かありましたらメールフォームから連絡ください。

SMAP木村の俳優としての新たな武器とは!?

SMAP木村の俳優としての新たな武器とは!?

 

 今月18日、木村拓哉(44)が第70回カンヌ映画祭に訪れた。特別招待作品に選ばれた主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が上演されるため、招待された。レッドカーペットを歩き、作品上映を終え、拍手を浴びた。ほとんど表に出ることはなかったが、個人的に注目したのは木村の英語力だった。

 上映を終えて、背の高い外国人の中年関係者から英語で話しかけられた木村は、全く動じなかった。映画の細かいシーンの説明や、賛辞に対する感謝について、よどみない英会話で答えていた。会話が止まったり、聞き返したりすることもなかった。レッドカーペットでも、外国人スタッフと軽く会話を交わし、笑顔でコミュニケーションをとる一幕もあった。

 その後の取材会で、海外映画祭初参加となった杉咲花(19)が、「木村さんも三池監督も、信頼している方なので、リラックスできました。あと木村さんは、英語が、話せるので…」と明かすと、木村が割って入った。両手の人さし指で「バツ」を作り、「(ここは編集で)カットでお願いします」とおどけた。三池監督は「通訳代わりにしてね、こき使ってましたよ」と笑った。杉咲は「すみません。本当にレディーファーストな方で、なんでも優先してくださって、感謝しています」と頭を下げた。木村は照れ笑いしていた。

 関係者によると、木村は独学で英語を勉強したという。08年公開の仏映画「I COME WITH THE RAIN」(トラン・アン・ユン監督)では全編英語の作品に挑戦しており、実績もある。関係者は「それなりに英会話はできると思うのですが、『まだそこまで究めているわけではない』という思いや謙遜から、『カットでお願いします』と言ったんじゃないでしょうか」と推測する。

 SMAP解散後、あらためて1人の俳優として歩き出した木村にとって、「英語」も1つの武器に成り得るのかもしれない。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01829607-nksports-ent

 

 

合わせて読みたい関連記事

SMAP木村拓哉が『南極大陸』の例から学んだロケの不自然さとは!? - ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

 

SMAP木村拓哉がファンに偽物に注意するよう呼びかける。 - ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

 

SMAP木村『検察側の罪人』で見せた切り替えの凄さとは!? - ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

 

johnnysinformation.hatenablog.com

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

是非読者登録・シェア等をよろしくお願いいたします。

読者登録は↓のボタンをクリック!