ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

毎日ジャニーズに関するニュース・記事・視聴率等を10~15記事更新しています。 何かありましたらメールフォームから連絡ください。

SMAP木村にとって『無限の住人』は総決算である!

SMAP木村にとって『無限の住人』は総決算である!

SMAPが、ある種の諦念とともに活動してきたグループだとすれば(彼らは日常を肯定する歌を歌い続けたが、その楽曲の底辺には常に平常心の諦念が横たわっていた)、木村拓哉は孤独に、生まれ直しの旅を継続してきた俳優と言える。

 「孤独に」と付け加えないといけないのは、彼を溺愛するファンを別にすれば、「キムタクは何をやってもキムタク」という何も言っていないに等しいにもかかわらず、何かを言った気になれる魔法の言葉(他の俳優に対しては決して口にはしないが、木村には言ってもいいと勘違いできる呪文)に加担する無責任な輩(その人たちは、その人たちなりに、木村拓哉が好きで好きでたまらないだけなのだろうが)が想像以上に多いからである。

 木村は、無為な言説を決然と無視するかのように、生まれ直しを繰り返してきた。とりわけ、ここ数年は、ひとつの作品の中で生まれ直すシチュエーションが続いている。『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』では、天才学者と彼が作り出したアンドロイドの二役に扮し、最終盤ではまったく別種のキャラクターとキャラクターとを同一画面の中で鮮やかに接続させた。『アイムホーム』では、事故で人格が一変した主人公のアッパーな過去とシャイな現在を演じ分けつつ、ペルソナ(仮面)という命題に立ち向かった。さらに13年ぶりに連続ドラマとして復活した『HERO』への帰還も、広義の意味で生まれ直しと言えるだろう。

 映画『無限の住人』は、これら連ドラでの生まれ直しの総決算と呼べるものである。

 木村が扮する万次が身にまとう白と黒のツートーンの着物が、この俳優の試みを示唆している。冒頭のモノクロシーンには、両目の万次がいる。彼は激戦の果てに倒れるが、謎の老婆によって強制的に不死身にさせられた瞬間、画面はカラーとなり、以後、片眼の万次として無限の時間を生きることになる。そう、これは、両目の万次が、片目の万次に転生する物語なのである。そこには、『安堂ロイド』や『アイムホーム』がそうだったように、ツートーンのキャラクターが存在する。とりわけ、本作ではモノクロ/カラーという、誰の目にも明瞭なビジュアル上の区分けがある。

 斬って斬って斬りまくるというのは、宣伝文句の次元を超えて、本作の根幹を成すものだ。ドラマの合間に闘いがあるのではなく、闘いの合間にドラマがある。だから、いわゆる芝居場は極端に少ない。だが、それだけに、ツートーンの人物像の印象の違いは明白だ。

 両目時代の万次には、人斬りとして最愛の妹の夫を殺してしまった過去があり、それゆえに顔面には、後悔の震えが貼りついている。その顔を凝視すると、いつか、この妹を喪ってしまう不安と畏れが浮かび上がる。彼の深層心理にある悪しき予感は見事的中し、妹は惨殺されてしまう。

 白黒画面の中央でやおら立体化する、グラグラとした魂の震え。それを体現する木村拓哉は新鮮で魅惑的だが、カラーの世界に転生した片目の万次には、この震えが一切ない。ある意味、はっきりと別人格として、そこにいる。そもそも演技のアプローチがまるで違う。

 片目となり、カラー化した万次は、妹にそっくりな少女に、仇討ちのための用心棒を頼まれ、引き受ける。亡き妹への想い、と言えば聞こえはいいが、要するにシスターコンプレックスだ。片目の万次はもはやそのことを隠そうともしない。「めんどくせえ」と一応うそぶいてはみせるものの、ツンデレどころではなく、単なるデレデレである。

 眠っているとき、ひとのこころは最も無防備になると言うが、カラーの万次は、モノクロの万次がみた夢なのかもしれない。こうでありたい自分が、そこでは具現化されているようにも映る(万次に木村拓哉そのひとを二重写しにするならば、倒錯はさらに深まるだろう。カラー化された万次は、木村拓哉が望んだ「こうありたかった自分」なのかもしれない。つまり、「現実世界=パブリックイメージ」においては、こうではなかった)。

 カラーの万次には、いい意味で揺らぎがない。構えが低く、カラッとしている。モノクロの万次が陰影に富んだ人物だったとすれば、カラーの万次はベタな人間である。木村拓哉はあっけらかんと、ツートーンをツートーンとして峻別している。

 より注意深く見つめるなら、この転生からは、ステレオだったサウンドが、モノラルに変幻したような飛翔が感じられる。ステレオ録音は奥行きと味わい深さを聴く者にもたらすが、モノラル録音には単純さと力強さがある。『無限の住人』の活劇性は、多種多様な殺陣のありようだけにあるのではなく、木村拓哉が織りなす人物の「音響/サウンド/バイヴレーション」の変化にもあるはずだ。ステレオでイントロを奏でていた楽曲が、いきなりモノラルに転び、その勢いのまま疾走していくとしたら……音楽としてこんなに痛快なことはないだろう(片目というのはつまり、スピーカーがひとつしかないという暗喩でもある)。

 木村はわたしのインタビューに、演じるということは、海外に宿泊する「期間」のようなものだ、と答えたことがある。また、そこは演じるキャラクターと共同生活する「宿泊施設」だと形容もし、自身がキャラクターの「宿」かもしれないと語っている。つまり、役と一緒に泊まっているし、役を泊めてもいる、というわけだ。彼は『無限の住人』で、ふたりの万次と一緒に泊まり、ふたりの万次を彼自身の体内に泊めたのである。

 本作の撮影は2015年11月から2016年1月にかけて行われている。つまり、SMAPの木村拓哉として、最後の作品だ。

 今年1月クールの『A LIFE ~愛しき人~』を観るかぎり、木村はついに生まれ直しの旅を終えたのではないかと思わせられる。『A LIFE』では主人公の過去が映し出されるが、その過去と現在はもはやツートーンではなく、一枚の絵として収まっているからだ。

 『無限の住人』は、俳優、木村拓哉の旅の終わりであると同時に、木村拓哉の新章の大いなる予告でもある。この移行=生まれ直しは、いかに結実するのか。転生後の物語が、いま始まろうとしている。

 木村は、映画にしろ連ドラにしろ、演じる人物の初登場シーンでの発声に気をつけている、と述べたことがある。つまり、それは、産声を大切にする、ということだったのだと思う。だが、生まれ直し、すなわちメタモルフォーゼを完了した者は、もはや産声ではなく、声変わりに向かうだろう。

 お楽しみは、これからだ。

headlines.yahoo.co.jp

 

合わせて読みたい関連記事

『検察側の罪人』は嵐・二宮とのダブル主演ではなくSMAP木村の一人主演か!? - ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

 

メディアが報じるキムタク主演『無限の住人』の爆死報道の真偽とは!? - ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

 

SMAP木村拓哉のカンヌ国際映画祭での振る舞いに賛否両論!? - ジャニーズ記事情報保管所 johnny's info

johnnysinformation.hatenablog.com

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

是非読者登録・シェア等をよろしくお願いいたします。

読者登録は↓のボタンをクリック!